ブログパーツUL5 第28回ジムニーカーニバル 90分耐久レース 2 | 別冊!レース参戦記 
<< 第28回ジムニーカーニバル 90分耐久レース 1 | main | 第28回ジムニーカーニバル 90分耐久レース 3 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第28回ジムニーカーニバル 90分耐久レース 2

JUGEMテーマ:ジムニー

コースはフラットで路面は土。四角いコースを左回りで走ります。コース幅は6メートル以上もありますのでパワーがあれば抜けます。途中にシケインを設けコース幅を狭くして順位を確認します。


前日に水を撒きましたが、朝からピーカンなのであっというまに土ぼこり舞うコースとなりました。土埃は凄いです。前方の視界が全くありません。いきなり、前車が視界から現れてビックリ!!ってことが何回もありました。

シリンダーヘッドをオーバーホールしたエンジンは快調に動いています。レッドゾーンまで軽快に吹き上がります。水温も異常なし。
しかし、やっぱりノーマルパワーでは前車を抜くことも出来ずにもどかしい周回が続きます。


轍ができ始めた頃、コースを外れて乗り越えたときに左前輪を軸にクルマが大きく左に傾きました。あわや転倒!と思った瞬間にハンドルを左に切って無事セーフ。
危ない危ない。緊張の糸がちょっとでも緩むと途端にリタイヤに繋がります。

直線ではアクセル全開、レッドゾーン手前でシフトアップ!
コーナー手前では、シフトダウンと軽いブレーキで前輪に荷重を移し軽くハンドルを切ると後輪がスライドを開始。コーナー出口に合わせてアクセル全開!
と、上手くいくときもあれば、失敗して大アンダーになるときも

ここではやはりLSDが欲しい〜。タイヤが空転しているのがわかります。
しかし、耐久に出ると本当に腕が上がります。
筋肉ではなく技術がですよ

前後にクルマはなく、単独走行が続きます。
時計を見るとそろそろ終了の時間!

前方でチェッカーフラッグが振られています。
終了でーす。
無事に走りきりました。
見学者からも盛んに拍手を受けます。

ここで、いつまでも完走の余韻にしたっている訳にはいきません。
これから、自宅まで東名高速を利用して約250キロを帰らなければなりません。そして、次の日からはいつもの通り近所のスーパーマーケットまでの買い物の足として働かなければなりません。

ピットに戻って点検です。




スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 21:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM