ブログパーツUL5 ジムニーJB23 SUPER SPRINT RACE Series 2013 第一回参戦 | 別冊!レース参戦記 
<< ジムニーJB23で2013JXCD第一戦参加! | main |

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジムニーJB23 SUPER SPRINT RACE Series 2013 第一回参戦

JUGEMテーマ:ジムニー
  昨年までは3時間の耐久でしたが、今年からは半分の90分のレースとなりました。
 ルールは簡単。90分間走って、誰が一番周回数が多いかで争います。
 コースは「大町チャレンジフィールド」。ここは、山の斜面を利用した起伏に富んだコースです。
 いつもの通り、前日の夕方に自宅を出発して、中央高速をひた走って夜中にコース付近に到着。ジムニーで車中泊。



翌朝さっそく、グリッドを決める予選が開始されました。
予選タイムの遅いおとジム号は、後方からスタートです。
耐久レースですので、このグリッド順位は特に関係ありません(負け惜しみ)。
一番多く周回したかが勝負です!


レース序盤は、砂埃との戦いです。団子状態で走るので、前車の砂埃で視界はほぼゼロ!
前車のバックフォグを目安に走ります。


エンジンも砂埃を吸い込みそうですね。(ムフフな対策済みですが、その効果は???)

中盤以降は、ピットインするジムニーも増えて一人旅になるのですが、トラブル発生!
エンジンは吹け、ギヤも3速に入っているのですが前に進みません。エンジンが空しく回転するばかりです。「あれれクラッチの異常?」と思いながらも、トランスファーを確認すると、レバーが抜けて4ローからニュートラルになってます。原因はこれでした。路面からの衝撃でニュートラルになってしまうのです。その後も何度もそのトラブルに合い、左手はトランスファーレバーを押さえた状態で走ります。

登りは3速全開、平地は4速全開、下りの直線では5速全開で走りますが、エスクードとジムニー1300改の2台にはどうしても敵いません。グングンと引き離されてしまいます。

後半は、熱さからくる脱水症状とジムニーを壊さずにゴールすることに集中します。2リットルのペットボトルにつなげたホースで喉の渇きをいやし、トランスファーの抜けは特定の場所で発生することが分かったので、その場所だけレバーを抑えます。路面の凸凹は、激しい衝撃となり大きなダメージがジムニーに加わるので、コースも選定しながら走行します。

90分が経過して、無事にチェッカーフラッグを受けました。


エンジンは埃まみれ、人は大汗ですが、故障も無く走りきりました。

結果は……

ノーマルクラス1位はエスクードで86周、2位は82周の「おとジム号」でした。



副賞の扇風機をいただき、無事に帰路いたしました。

翌朝、目が覚めると体中が筋肉痛!!

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 00:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM