ブログパーツUL5 ジムニーで二時間耐久レース 車両準備2 | 別冊!レース参戦記 
<< ジムニーで二時間耐久レース 車両準備 | main | ジムニーで二時間耐久レース 戦い終わって1 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジムニーで二時間耐久レース 車両準備2

 昨年の教訓から、泥水を吸わないように苦心した。室内とエンジンルームの隔壁に穴を開けて室内の空気をパイプでエアークリーナーボックスに導くのが簡単で確実だが、隔壁に穴を開けることに心理的な抵抗が発生したので、ボツ。
 次にサファリシュノーケルの取り付けである。そう、一時期流行ったあの煙突である。煙突の素材を何にするか悩んだあげくに選んだのが、「家庭用エアコンの配管カバー」であった。なんといっても価格の安さと蛇腹なので曲げることができるところが気に入ったのである。だが、実際に取付けてみると、エアークリーナーボックス周辺のスペースが不足しているのと、家庭用エアコンの配管カバーが以外と固く思うように曲がず直接つなげることは難しかった。
サファリ
 また、このままエアークリーナーボックスと煙突の家庭用エアコンの配管カバーをつなげても、「手強い泥水のこと、きっと侵入して来るに違いない!」と考え途中に泥水分離ボックスを追加した。材料は100円均一で購入した文庫入れ。これに穴を空けてエアークリーナーボックスと煙突の家庭用エアコンの配管カバーのパイプを通して、箱の下部にはドレンの小穴を開け侵入した泥水を逃がす方法とした。ボックスに水を入れて泥水に見立て、上手く分離するかの実験である。

 エンジンを吹かすとドレン用に開けた小穴から空気をボコボコと吸い込んでいます。急遽、家庭用エアコンのドレン用パイプを2本追加して対処しました。(これが仇となった)
箱

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 23:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM