ブログパーツUL5 ジムニーで二時間耐久レース エンジン壊れて14 オイル交換! | 別冊!レース参戦記 
<< ジムニーで二時間耐久レース エンジン壊れて13 エンジン始動! | main | ジムニー K6エンジンヘッドオーバーホール >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジムニーで二時間耐久レース エンジン壊れて14 オイル交換!

JUGEMテーマ:車/バイク

 ジムニーのエンジンをオーバーホールしてから、早くも2ヶ月以上経過し、走行も300キロを過ぎました。エンジンは問題も無くビンビンに働いています。バルブとシートの馴染みも良くなり、アイドリング時の負圧が400から450に増え安定して回ってます。ターボも低回転から効くようにもなりました。ここいらで、オイル交換を行ってみました。使用するオイルはいつものアメリカ式倉庫型店舗で販売されているシェブロン。オイルフィルターも400円程度の社外品に交換です。
 オイル注入口からカムシャフトが見えます。このカムの写真はモリブデンを焼付けした直後のもの。
モリブデンカム
 その後、300キロ走り表面の古いオイルを新しいオイルで洗い流したカム。
モリオイル
 どうでしょう?カムはロッカーアームと絶えず接触していますので表面のモリブデンは落ちていますが、モリブデン加工前の鏡のような金属色ではなく、鈍く光る金属色に変化しているので、カム表面の微細な隙間に入り込んだモリブデンが残っているようです。この残ったモリブデンとオイルが協力して抵抗を減少させているようです。
 

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 10:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM