ブログパーツUL5 K6エンジンヘッドオーバーホール2 | 別冊!レース参戦記 
<< ジムニー K6エンジンヘッドオーバーホール | main | K6エンジンヘッドオーバーホール3 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


K6エンジンヘッドオーバーホール2

 さっそく分解です。しかし、K6エンジンを分解するのは初めてです。でも、悩んでも先に進まないので、部品のつなぎ目を見ながらドコをバラしたら効率良く作業がはかどるを検討します。検討している時間がもったいないかもしれませんが、脳内モルヒネが出て気持ちが良いっす。
 とりあえず、インタークーラーとヘッドカバーを外します。
ヘッド内

 オっ〜、なんと綺麗なヘッドカバー内でしょう。スラッジもカーボンもありません。8万キロを走行してこの綺麗さ!オイル交換をマメに実施していたことが伺われます。
F6エンジンはタイミングベルトを使っていましたが、K6はチェーンです。「ベルト切れ」が社会的に取り上げられてから「逆切れ」するヤツが多くなりディーラーも困り果ててチェーンが主流になりました?ベルトは交換することを前提にエンジンを設計していますので、それなりに交換作業が楽ですが、チェーンだと交換を想定していないので分解整備が煩雑になるようです。
 このエンジンもヘッドを降ろすのに、クランクプーリー、タイミングチェーンカバー、オイルパン、ウォーターポンプを取り外すことになりました。




 言葉で書くのは簡単ですが、手や工具が入らないのです。本当に入らないのです。
イライラしてきます。カムチェーンカバーを外すのにオイルパンを外す必要があります。従って、エンジンの下に潜ったり、上から作業したりで移動時間を含め無駄に時間を浪費します。


 オイルを抜いて、オイルパンを外さないとタイミングチェーンカバーが外れません。
クランクを見ることができましたが、これまた綺麗でビックリしました。
 


ヘッドとブロックを連結しているボルトも形状が複雑でボックスレンチ10ミリの12角でないと回すことが出来ません。この10ミリで12角、12.7ってのを持ってなかったので、ホームセンターに行ったのですが取り扱っていませんでした。工具屋を何件か回って品質と価格がマッチしたものをようやく探し当てました。 
JA22のボルトは10ミリですがJB23になると12ミリのようです。途中で設計変更があったようです。


非常に面倒くさい作業の末にやっとヘッドを降ろすことが出来ました。
次回、もし同じ作業を実施するのなら、絶対にエンジンを降ろしてから実施します。
F6と比較すると、それほど作業性が悪いエンジンです。

腰痛て〜〜

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 22:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM