ブログパーツUL5 K6エンジンヘッドオーバーホール4 | 別冊!レース参戦記 
<< K6エンジンヘッドオーバーホール3 | main | K6エンジンヘッドオーバーホール5 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


K6エンジンヘッドオーバーホール4

JUGEMテーマ:車/バイク


 さっそくヘッドのバラシです。
  手持ちの四輪エンジン用バルブスプリングコンプレッサーでは、オートバイ並の小さなバルブ類を外すことができませんでした。いつものように、シャコ万と建築金具をUの字に曲げたおとジムスペシャル工具を用意して外します。外したバルブ、スプリング、コッターピンは、一組づつ整理しておきます。
バルブ並べ

 写真の右下が滲んでいるのは、オイルがカメラのレンズに付着してしまったからです。オイルまみれの汚い手で気がつかずにレンズを触ったのが原因ですネ。

さ〜、下の写真の「3」が小さくなった排気バルブです。バルブの傘の部分が偏心して摩耗?消耗?しています。「4」のバルブは同じシリンダーのもう一方の排気バルブです。「4」にも若干の摩耗?消耗?が見られますが、「3」と比較するとまだまだ使えそうな雰囲気です。


別の角度から

右の排気バルブは明らかに直径が小さいでしょ!!


 エンジンヘッドのシートと接触するバルブのフェース部分が摩耗しています。
 1番と3番のバルブには異常が見つかりません。排気バルブは各ヘッドとも同じものですから、この2番だけが他のシリンダーと異なる燃焼等々によってこのような不具合が発生するのでしょう。材質が悪いのか?2番だけ超高温で燃焼するのか?素人の私には直接の原因の判断がつきません。同じような症状のK6エンジン搭載の22ジムニーがないかとインターネットで検索してみましたら、複数の22ジムニーがこの状態に陥っているようでした。統計的な裏付けはありませんが、どうやら8万キロ前後までに排気バルブが摩耗して圧縮抜けをおこすようです。簡単な見分け方ですが、アイドリングでクーラーを作動させるとガクガクとエンジンが振動するようだとこの症状を疑ってください。さらに、二番のプラグキャップを外してください。エンジンの振動や回転数に変化がなかったら二番が爆発していない証拠です。


ジムニーオーナーが覚悟しなければならない故障

 
 「摩耗する排気バルブ」(JA22)
 「割れる排気マニホールド」
 「砕けるキングピンベアリング」

 「作動しないアイドルスピードバルブ」


 中小企業を名乗る静岡の大きな会社にクレームを言う?
 いや〜、むりむり。

排気バルブ、ガスケット類をパーツ屋さんに注文している間にその他の作業をします。

続く

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 21:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM