ブログパーツUL5 K6エンジンヘッドオーバーホール5 | 別冊!レース参戦記 
<< K6エンジンヘッドオーバーホール4 | main | K6エンジンヘッドオーバーホール6 最終章 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


K6エンジンヘッドオーバーホール5

JUGEMテーマ:車/バイク


 部品が到着するまでは、エンジンの持ってる力を最大限に発揮出来るようにチューニングです。
 まずはヘッドの洗浄です。専用の洗剤に漬け置きしておけばカーボンもスラッジも取れて綺麗になります。
 

 カメラのレンズにまだオイルが付着しています。
 
 F6のヘッドと比較すると、贅肉が無くスッキリしているが、必要なところには盛ってあって剛性が高いようだ。筋肉が多く体脂肪率が低いという印象です。ポートの曲がりも少なくて吸排気の効率もF6より高そうです。燃焼室の形状はDOHCのF6と同じペントルーフ型。バルブのハサミ角は不明です。

 さて、ポートを研磨しましょう。研磨といってもヘッドとインテークマニホールドのつなぎ目の段付きを取ってスムーズにするのがメイン。


これがインエークマニホールド。変形三角おむすび型です。この形は燃料噴射装置付きのエンジンでは定番ですね。



ポートを拡大すると、左下に黒い煤が若干付着しているのが分かりますか?この部分がヘッドとの段付き部分。



ヘッドにはポートの形にくり抜いたパッキン紙を当て段付きのチェックです。写真の右上あたりに段付きが見られますね。
 空気がこの段に当たると渦を巻きます。その渦が抵抗となって空気の流入を阻害するのです。



グルグル、キュイ〜ンと削ります。空気の気持ちになって削ります。途中で指を入れてザラザラ感を確かめながら、さらにキュイ〜ン。


 インテークの段付きは綺麗に削り取って、さらにバルブ周りの空気が活きよいよくシリンダーに飛び込むように削ります。写真の上穴の右側が加工終了後、左と比較して段がなくなっているでしょ!
 この後、目の細かいヤスリでさらに研磨します。しかし、鏡のようにピカピカにするのは好みではないで適当に切り上げます。

 段を取って走るとエンジンが軽くスムーズに回るのが分かります。特にターボが利いている時には有効です。っていうか、エンジンが本来もっているポテンシャルを発揮させただけです。

 注文しておいた部品が入荷しました。






スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 22:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM