ブログパーツUL5 K6エンジンヘッドオーバーホール6 最終章 | 別冊!レース参戦記 
<< K6エンジンヘッドオーバーホール5 | main | JXCDに参戦 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


K6エンジンヘッドオーバーホール6 最終章

JUGEMテーマ:車/バイク


  さて、前回の投稿から随分と時間が経過してしまいました。楽しみにしていた皆さん申し訳ございません。
 そんな訳で、ポートの段付きが何故悪いのか?色々と調査した結果「縮流」ということが関係しているらしいです。
縮流

詳しいことは省略するが、段には渦が発生し実質的に有効口径が減少し空気の流入が減少するらしい。そうであれば、ビックなターボを始め様々なパワーアップパーツを取付けても本来の効果が発揮出来ずに半減してしまう。ポート研磨は、手間と暇がかかる作業だが大事な作業だ。

 本題の圧縮出来ずについて、新品バルブと消耗バルブを較べてみよう。
比較
左が新品 中央排気バルブその1 右消耗排気バルブ
比較2
新品バルブとの比較

 一目瞭然です。排気バルブの傘が消耗しています。これでは、ピストンが上昇して混合気を圧縮しようとしても混合気は排気バルブの隙間から逃げてしまいます。これに点火をしても燃焼しません。

 なぜ、こんなに消耗してしまうのですかね?
 新品のバルブに交換してもまた、このように消耗してしまうのか?
 それとも、対策済みなのか? いや、対策済みであって欲しい。

 バルブを組んでコンパウンドで擦り合わせです。このあたり手が真っ黒になるので、写真を撮るのを忘れてしまいました。バルブシートには異常がなくバルブとシートは綺麗にあたりがでていました。シートのカットは必要ありませんでした。よかった〜。
 ヘッド

中央下側2本の排気バルブを交換

組み付け
一挙に組み立て


シム
K6のバルブクリアランスは写真左の238と書かれたシムの交換で対応します。シムにはいくつも厚さの異なるものが用意されているので、計測して必要な厚みのものを注文します。あ〜面倒くさい。

前カバー
アルミのフロントカバーを磨いてみました。
オイルシールも交換しました。
デスビローター
せっかくなので、デスビ内も清掃です。
ローターはビスを外して交換です。

排気管割れ
定番の排気マニの割れです。
エンジンを始動させエンジンルームに耳を傾け、エンジン左側からバタバタと騒がしかったら排気管割れを疑ってください。さらに、エンジンスロットルを吹かして鼻から息を吸ってください。排出ガス臭かったらもう決定的です。な〜に良くある現象です。

 長々とお付き合いくださりありがとうございました。
 この「K6エンジンヘッドオーバーホール」シリーズはこれで終わりです。次回はどんな話しなのかおとジムにもわかりません。ジムニーも寄る年並には勝てず改造より現状維持に重点が移ってしまいましたが、今後とも宜しくおねがいします。


 






 

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • 20:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
車って時々不思議な壊れ方をしますよね。
どうしたらここが壊れるの?って・・・
  • ウサびん
  • 2009/09/25 12:26 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM