ブログパーツUL5 F6エンジンオーバーホール | 別冊!レース参戦記 

スポンサーサイト

  • 2014.03.10 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジムニーで二時間耐久レース エンジン割れて4

 ドナーとなるエンジンが到着。カプチーノのエンジンが欲しかったのだが、高価なので走行12万キロのジムニー用としました。
11エンジン
角度を変えて
11エンジン2
ヘッドカバーあたりが黒いですので、オイルが滲んでいたようです。

さっそく、ヘッドカバーを外します。
11エンジンヘッド
ゲっ〜、真っ黒。
オイル交換をあまりしていなかったようです。オイル交換の重要性を感じる写真です。
ヘッドも外して、いよいよシリンダーと対面です。

シリンダーですが、2番3番は正常でしたが…
2番
続きを読む >>

ジムニーで二時間耐久レース エンジン割れて3

 割れたエンジンの内部を観察してみましょう。再使用できるものは再使用して部品代を抑えます。
 剥がしたヘッドの燃焼室です。
 燃焼室
 粘り気のあるカーボンが付着しています。おそらく、オイル分も燃焼しているのでしょう。吸気側のポートを触ると指が真っ黒です。バルブ関係は清掃して再使用します。
 クランク室を観察します。
クランク室
 推定走行8万にしては綺麗な方ではないでしょうか?オイル交換をこまめに行っていたのでスラッジ等もほとんどありません。
 クランクを取り出してみます。クランク
 なにやら傷が……。

クランク傷
爪を当てるとガリガリとした感触を感じます。
親メタルを見ると剥離した破片が残るメタルがありました。
親メタル
残念ながらクランク、メタルとも再使用できません。
続きを読む >>

ジムニーで二時間耐久レース エンジン割れて2

 割れたエンジンを上から抜くのか、下から抜くのか?
 今回は車庫の天井が2メートルと低いことから下から抜くことにした。
1エンジンに付いているターボ、オルタネーター、パワステポンプ等の補機類を取り除く。オイルも抜きました。ドレンボルトを外すと勢いよく透明の液体が流れ出てきました。なんとだ!その後、黒いオイルがダラ〜と流れでてきた。エンジン内部に多量の水が侵入していた。冷や汗
補機類取る
2タイミングベルトを外しヘッドのカムカバーを剥がす 
ヘッド
 ロッカーアームやバルブスプリングが丸見えです。良く見ると、乳化したオイルが見えます。悲しい
3インテークマニホールドを取付けたまま、ヘッドボルトを四隅から順番に緩めてヘッド本体を外すと……。
ピストンこんにちは
 ピストンさんとご面会!
続きを読む >>

ジムニーで二時間耐久レース エンジン割れて1

 ブロックの割れたエンジンはもう使えませんので、エンジンを摘出しなければなりません。
割れ
 その第一段階として、ミッションを下ろします。もう、この作業は手慣れたもの。
1下回りの洗車 
 スゴい泥です。バケツ一杯はあるでしょう。道路に流れ出てた泥は隣家の玄関前に溜まってます。こりゃーやばい!シャベルで泥をすくってから大量の水で流します。しかし、今度はその先の家の前で泥が溜まってます。こりゃーやばい!
2前後のプロペラシャフトを取り外す。
3ミッションのオイルを抜く レバーも取り外す 
4トランスファーを後方に移動させる。
 トランスファーとステーを固定するネジがグラグラです。こんな体験は始めて。
5ミッッションとエンジンを分離
 おとジム号の下に潜っての作業。洗浄しきれなかった泥が顔面に直撃!眼球に入って「痛〜」ミッッションとエンジンを接合しているボルト、ナット四箇所とセルモーターの取外し。
5やっと、ミッション分離
 ミッションを下から持ち上げて、ゴリゴリとしながら引き出します。頭上に落とさないように!
 
続きを読む >>

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM